ネグローニ



一般的には ドライジン二分の一・カンパリ四分の一・スウィートベルモット四分の一を ステアして出来上がり。発祥の地と言われてるイタリア・フィレンツェのレストランでは同じ材料を等分量でシェイクしていたらしい。

趣向がドライ寄りになった頃、ジンの割合が増えたものと思われる。

ドライマティーニよろしく「ドライネグローニ」と呼ばれるものは、ドライマテーィニに少量、色付け程度にカンパリを入れて、本来の夕焼け程度の赤褐色を赤にする楽しみ方もある。

要は、カンパリ・ベルモット・ドライジンを合わせた カクテルと思えばよい。


提供:フリー百科事典
ウィキペディア(Wikipedia)



大人のおもちゃ
アダルトグッズ通販



topn


- mono space -