ジン・フィズ



由来
ジン・フィズは、1888年、ニューオーリンズのヘンリー・ラモスが初めて作ったとされている。フィズ(fizz)とは、ソーダ水の泡のはじける「シャーッ」という音を表わす擬音語である。

スピリッツやリキュールに甘味(砂糖)、酸味(レモンなど)を加えてシェークし、ソーダ水で割った飲物を「フィズ」と言い、ウィスキー・フィズ、ブランデー・フィズ、カカオ・フィズ、バイオレット・フィズなどがある。

標準的なレシピ
ドライジン - 45 ml
レモンジュース - 15-20 ml
砂糖 - 2ティースプーン
ソーダ水 - 適量

作り方
シェーカーにソーダ水以外の材料と氷を入れ、シェークする。
上記を氷を入れたタンブラーに注ぎ、ソーダ水を加え、ステアする。

備考
1ティースプーンほどのミルクを加え、味をまろやかにする場合もある。
レモンスライスを添えてもよい。

応用
ジン・フィズの材料と卵白を共にシェークするとシルバー・フィズとなる。
同様に、卵黄と共にシェークするとゴールデン・フィズとなる。
また、欧米諸国ではフィズ・スタイルのカクテルをジン・フィズに各種リキュールを入れて作る。


提供:フリー百科事典
ウィキペディア(Wikipedia)



大人のおもちゃ
アダルトグッズ通販



topn


- mono space -