ギムレット



ギムレット(gimlet)は、ジンをベースにしたカクテル。

マティーニなどと並んで、人気のあるカクテルの最上位。

レイモンド・チャンドラーの小説『長いお別れ』の中での、「ギムレットには早すぎる」の名台詞は有名である。

カクテルブック等で主人公フィリップ・マーロウの台詞と記述されることが多いが誤りで、ゲストキャラクターのテリー・レノックスによる台詞である。また同じくレノックスの台詞として「本当のギムレットはジンとローズのライム・ジュースを半分ずつ、他には何も入れない」という記述もある。

ただし、実際にそのレシピで作ると、甘すぎるきらいがある。

1890年頃、イギリス海軍の軍医であったギムレット卿が、将校に配給されていたジンを、健康維持のためにライムジュースで薄めて飲むことを提唱したことが起源とされている。

中央競馬で活躍した競走馬、タニノギムレット(2002年東京優駿優勝馬)の馬名はこのカクテルに由来する。


レシピ
現在の一般的なレシピは、チャンドラーの主張とはやや異なり、以下の通り。

ジン - (全量の)3/4
ライム - (全量の)1/4
シェイクして、カクテルグラスに注ぐ。シェイクしないと、ジン・ライムという別のカクテルとなる。

ライムは、甘味付のライムジュース(コーディアル)を使うのがスタンダードだが、フレッシュライムの絞り汁を使った方が風味がよいので、現在ではこちらが主流になっている。

ただしそれだけではまったく甘くないので、砂糖かガムシロップ、あるいはコーディアルで適度の甘味を付けることが多い。

ジンは、なるべくドライな風味のものを使う。店により、また作り手によりレシピの異なるカクテルの代表例である。


提供:フリー百科事典
ウィキペディア(Wikipedia)



大人のおもちゃ
アダルトグッズ通販



topn


- mono space -