ロングアイランド・アイスティ



ロングアイランド・アイスティーは、紅茶を一滴も使わずに、その見た目および味を紅茶風味に近づけたウォッカベース(ウォッカのほかにもジン、テキーラなどを使用する)のカクテル。
見た目、味ともに然程アルコールが強そうなカクテルには感じないのだが、それとは裏腹にかなりの度数がある。

由来
1980年代始め、アメリカのニューヨーク州東部のロングアイランド島で誕生したため、この名がついた。ロングアイランドにあるオーク・ビーチ・インというバーのロバート・パットという人物が考案したと言われている(アメリカ西海岸で生まれたとする説もある)。

標準的なレシピ
材料 (1)
ラム 15 ml
ウォッカ 15 ml
テキーラ 15 ml
ドライ・ジン 15 ml
コアントロー 2 tsp
レモンジュース 30 ml  
粉砂糖 2 tsp
材料 (2)
コーラ 適量  
レモン・スライス 1枚

基本的に強いカクテルの部類に入るため、人によって酒類の分量を調節するとよい。
コアントローが無ければホワイトキュラソーでもよい。コーラを入れすぎると紅茶の味がしなくなるので注意。

作り方
(1)をグラスに入れる。
コーラで満たしステアする。
レモンスライスを飾る。


提供:フリー百科事典
ウィキペディア(Wikipedia)



大人のおもちゃ
アダルトグッズ通販



topn


- mono space -