モスコ・ミュール



モスコミュールはオールデイカクテル(食前食後を問わず飲めるカクテル)として、非常にメジャーなスタンダードカクテルの一つ。
モスコミュールとは「モスクワのラバ」という意味があり、ラバに蹴飛ばされたように強いウォッカベースのカクテルであることを表わす。

由来
1940年代初頭、ハリウッドのジャック・モーガンというバーテンダーがイギリスのリキュールである「ピムス NO.1」を使ったカクテルのために大量に仕入れたジンジャービアの在庫を処分するために考案したとされている説と、1946年にスミノフブランドのウォッカの販売促進のため、スミノフを使った手軽に作れるカクテルを製造元のヒューブライン社が紹介したため広がったという説、あるいはジャック・モーガンとヒューブライン社が組んで広めた、とされる説が有名。

また、本式では銅のマグカップに入れて提供されるものである。
今日でも本格的なバーではそのようにして出されているのは、ジャック・モーガンの友人が器を銅のマグカップにすることを提案し、それが広まったとされているからである。


標準的なレシピ
ウォッカ 45ml  
ライムジュース 15ml  
ジンジャーエール 適量  
ライムスライス 1枚
ライムをレモンにしても良い(ジュース、スライス共に)。
ただしこれは日本での標準的なレシピで、飲み口はやや甘くアルコール度数も高くないカクテルになっている。本来はジンジャーエールではなくジンジャービアを使う。
日本ではジンジャービアの入手が難しいため代用としてジンジャーエールを使用したレシピが広まったと言われている。


作り方
材料をグラスに入れ、軽くステアする。
ライムスライスを飾り完成。


提供:フリー百科事典
ウィキペディア(Wikipedia)



サンプル動画!見放題
アダルトDVD通販



topn


- mono space -