舞乙女



舞乙女(まいおとめ)は、焼酎ベースのカクテルで、ショートドリンクである。

1984年に開催された、日本ホテルバーメンズ協会第13回カクテル・コンペティションの優勝作品。

作者は、倉吉浩二。

彼は、春を待つ乙女をイメージして、このカクテルを作ったという。


標準的なレシピ
焼酎 = 20 ml
クレーム・ド・フランボワーズ (キイチゴのリキュール) = 15 ml
コアントロー = 10 ml
グレナディン・シロップ = 10 ml
レモン・ジュース = 1 tsp

作り方
焼酎、クレーム・ド・フランボワーズ、コアントロー、レモンジュース、グレナディン・シロップを所定量、量り取り、これらをシェークしてカクテル・グラス(容量75〜90ml程度)に注げば完成である。

ただし、オリジナルレシピでは、焼酎はゴマ焼酎である「紅乙女」という、乙類焼酎の中でも、やや特殊な焼酎を使用していたので、できれば同じ銘柄の焼酎を使った方が良いだろう。
また、レモンジュースは、その場でレモンを絞ったものを使用するのがベストであるが、市販のジュースを用いても良い。


提供:フリー百科事典
ウィキペディア(Wikipedia)



サンプル動画!見放題
アダルトDVD通販



topn




- mono space -