クローバークラブ




クローバー・クラブとは、ジンをベースとするカクテルであり、ショートドリンク(ショートカクテル)に分類される。

具体的にいつ頃できたカクテルなのかは不明。使用するグレナディン・シロップの量やメーカーにもよるが、仕上がりの色は基本的にピンクとなる。

この仕上がり色がピンク・レディとの混同の一因となっている。

味はライム・ジュースを使うか、レモン・ジュースを使うかで変わってくるので、どちらを使うのかを指定するのが望ましい。


作り方
一般的な作り方
ドライ・ジン、グレナディン・シロップ、ライムかレモンのジュース、卵白を強くシェークして、大型のカクテル・グラス(容量90ml以上)に注げば完成である。

ここで、もしもミントの葉を飾ると、カクテルの名称が変わってしまう。

なお、ライム・ジュース、またはレモン・ジュースは、その場でライム、またはレモンを絞ったものを使用するのがベストであるが、市販のジュースを用いても良い。

レシピ
ドライ・ジン = 30〜45ml
グレナディン・シロップ = 4dash〜15ml
ライム・ジュース または レモン・ジュース = 1tsp〜15ml
卵白(鶏卵) = 1個分


ピンク・レディとの混同
クローバー・クラブと同じくジンをベースとするカクテルに、ピンク・レディというカクテルがある。
本来ならば、クローバー・クラブと呼ばれるべきカクテルが、ピンク・レディとして作られるという現象が起きているのだ。
なお、過去にドライ・ジン : ブランデー = 2:1 というレシピで作るピンク・レディがあり、さらにグレナディン・シロップを加えるというレシピも存在する(グレナディン・シロップも使用するのは、ジンとブランデーだけでピンク色を出すのが困難なため)が、現在そのようなレシピで作られることは特別に注文でもされない限りなくなった。
よってここでは、この2種のレシピのピンク・レディについては考えないものとする。


クローバー・クラブとピンク・レディの比較
ピンク・レディには、レモン・ジュースやライム・ジュースが使われることは、本来ならばない。
したがって、もしもピンク・レディにレモン・ジュースが使われた場合、それはピンク・レディではなく、クローバー・クラブである。
レモン・ジュースが使われるか否かが、2つのカクテルの大きな違いなのである。

参考までに、クローバー・クラブと、本来のピンク・レディ(ただし、ブランデーを使用しないレシピのピンク・レディ)の材料の比較をしておく。

クローバー・クラブ ピンク・レディ
ベース ドライ・ジン ドライ・ジン
甘味 グレナディン・シロップ グレナディン・シロップ
(+砂糖類も使用の場合あり)
酸味 レモン・ジュース
または、ライム・ジュース なし
卵 鶏卵の卵白 鶏卵の卵白

現状
ピンク・レディにレモン・ジュースが使用されるという、クローバー・クラブと混同されたレシピは、かなり広まってしまった。
比較的新しいカクテルに関する文献を見ると、レモン・ジュースを使うピンク・レディを、しばしば見かける 。
本来レモン・ジュースを使用するピンク・レディーは誤りであり、同時期に発行されたカクテルに関する文献にも、ピンク・レディーにレモン・ジュースは使わないレシピを載せているケースも、しばしば見られる。
つまり、レモン・ジュースを使ったジンベースのカクテルをピンク・レディーと呼ぶ文献と、それを認めない(クローバー・クラブとピンク・レディーを厳格に区別する)文献とに別れているのが現状である。


提供:フリー百科事典
ウィキペディア(Wikipedia)



サンプル動画!見放題
アダルトDVD通販



topn


- mono space -