雪国



雪国(ゆきぐに)は、ウォッカをベースとするカクテルであり、ショートドリンク(ショートカクテル)に分類される。

概要
1959年(昭和34年)に行われた第3回サントリー(当時は「壽屋」)ノーメル賞グランプリ ホームカクテル・コンクールで優勝したカクテル。

初めて発表されたのは、1958年(昭和33年)の同コンクール東北大会である。

考案者は、山形県酒田市で喫茶店ケルン(Kern)を経営している井山計一。

80歳を超える歳ながら2008年(平成20年)12月現在でも現役のバーテンダーとして腕をふるっている。


標準的なレシピ
ウォッカ - 40ml
ホワイト・キュラソー - 10ml
ライム・ジュース (ライム・コーディアル) - 10ml
ミント・チェリー、あるいは、緑のマラスキーノ・チェリー - 1個
グラニュー糖 - 少々(グラスをスノースタイルにするため)
古くはウォッカ30ml、ホワイト・キュラソー30mlとなっている。

作り方
カクテル・グラス(容量90ml程度)の縁をレモンの切れ端などで湿らせ、平らに敷いたグラニュー糖にふせて付け、スノースタイルとする。
ウォッカ、ホワイト・キュラソー、ライム・ジュースをシェイクする。
スノースタイルにしたカクテル・グラスに注ぐ。
グラスの底にチェリーを沈める。


提供:フリー百科事典
ウィキペディア(Wikipedia)



サンプル動画!見放題
アダルトDVD通販



topn


- mono space -